派遣で働こう!薬剤師でなるための基本とは?

派遣薬剤師になるための基礎作り

派遣で働きたいと考える薬剤師にとってはまずは派遣以外の方法で基礎作りをしておくことが大切です。派遣では基本的には戦力重視で選ばれるため、薬剤師として働くための基本を身につけておかなければなりません。最初に調剤と服薬指導だけできるようになっておけばほとんどの仕事を受けられるようになります。特に調剤を速やかにできることは大切なので、常勤で働いてもアルバイトをしても良いので少し実践経験を積んでおきましょう。

基礎ができたら経験が大切

調剤業務の経験を少しでも積んである程度は働けるという実感を持てたら、それが基礎となって派遣薬剤師として病院でも調剤薬局でも採用されるようになるでしょう。そうしたら次に大切なのが経験です。採用されてから派遣薬剤師として目指すのは給料を上げていくことであり、時給を上げるには経験が大切になります。同じ職種の職場を選んで何度も派遣の経験を積むと、採用の時点でかなり時給を引き上げられるようになるので経験を重視するのが大切です。

継続して働けば稼げる働き方

派遣薬剤師として働いているときには継続も大切にしましょう。医薬品情報は刻々と変わっていくため、ブランクがあまり長くなると採用されなくなったり、時給が下がってしまったりすることがよくあります。少しずつでも働けるのが派遣薬剤師のメリットであり、完全に仕事をしていない期間を作らないようにすると良いでしょう。たとえ週に1日や2日でも働いていれば次にまたしっかりと働きたいときに有利な待遇で採用してもらえるのです。

薬剤師の派遣では、幅広いエリアにおいて多数の求人が存在するため、自分に合った働き方を実現したい場合に最適です。