育児を支援する制度はたくさんありますよ!

金銭面を支援する制度があります

子育てをしていくと金銭的にかなりお金がかかります。金銭面を助ける制度として児童手当があります。自治体にもよりますが、子供一人につき月に一万円から二万円のお金が支給されます。子供に重度の障害があったり、母子家庭だったりすると児童扶養手当や特別児童扶養手当などのお金も支給されます。これらのお金は申請して初めて支給されるので、該当する可能性がある場合には自分で調べて自治体の担当課に申請する必要がありますよ。

医療面は無料となります

普通病気になると3割の自己負担が必要になります。しかし子供の医療費に関しては自治体にもよりますが、中学生までの子供が病気になった場合には、保険適用の医療は全て無料となります。そのため民間の医療保険は必要ない場合が殆どです。ただし例外があり、医療保険適応とならない治療を受けた場合や、入院した際の差額ベッド代・個室の料金は別途支払う必要があります。その場合は公的保険ではなく民間の医療保険を利用する必要がありますよ。

保育所を活用しましょう!

働くお父さんやお母さんを支援する施設に保育所があります。働いている時間帯は保育士が見てくれます。保育所では子供の成長過程に応じた遊びや食事を提供しています。晴れた日には外で遊び、雨の日には素晴らしい絵本などを使って読み聞かせを行います。また季節の行事をふんだんに取り入れている保育所が殆どで、クリスマス会などは親子で参加する場合もあります。発育などで相談がある場合には経験豊富な保育士が様々な形で相談に乗ってくれますよ。

シングルマザーの仕事探しで重要なことは、時間の融通がきいて無理なく続けていける仕事を見つけることです。そのためには、例えば、医療系の資格など、仕事に直結する資格を持っていると有利です。